NEWS

主役のティエリーが狂ってオンラインカジノで稼ごうとしてハマりすぎになったとしたら?!?

Posted on

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」は、観客動員数100万人オーバーの社会派作品です。 主人公のティエリー51歳は、リストラの犠牲になり1年半も無職の状態が続いていました。 そんな彼の、就職活動や仕事にありついてからの悲痛な現実をリアルに描いた作品です。 きっと就活生が観れば「憂鬱」になることでしょう。 主人公のティエリー。ギャンブルに手を出さなかったのは偉いと思います。確かに一攫千金もあり得ますが、カジノはトータルで負ける可能性の方が高いですから。 しかし「もし彼がオンラインカジノにのめり込んでいたら、どうなっていたか」という事も想像したくなります。 映画を観てティエリーからは小心者で慎重なイメージを受けました。ですから、まず「ネットカジノ選び」で間違えることはないでしょう。 無名の怪しげなネットカジノではなく、ベラジョンカジノやジャックポットシティカジノなど安全な大手のインターネットカジノを選ぶと思います。インターネットカジノについての情報はこちらご覧ください。 ですが、順調なのはここまででしょうね。 彼には「自分はこんな人生を送るはずではなかった」というプライドが付きまとっていますから、「私には大勝利がふさわしい」という意識が捨てきれないでしょう。 ですから、まずは「一攫千金」を目指しそうです。 そのためにも、オンラインルーレットの1点賭けをしたり、ビデオポーカーの高い役ばかりを狙いそうな気がします。 そして、負けが込んで「もう本当に負けられない」という状態になってから、確率論を駆使すれば比較的勝ちやすくなるオンラインブラックジャックなどをプレイしそうな気もします。 ティエリーは努力家ですから、必死にブラックジャックのカジノ必勝法を覚えるでしょう。 ですが、いくら「比較的勝ちやすくなる」とは言っても、やはりトータルでは負けるはずです。彼は不運ですから。 もしかしたら借金もするかもしれません。ティエリーが借金をしてまでギャンブルをする姿がスクリーンに映し出されたら、私も「憂鬱」になってしまいそうです。 さて、日本でもジャックポットシティカジノ、カジ旅カジノ、ベラジョンカジノ、チェリーカジノなどをプレイすることができます。サーバーは海外にありますから、日本でプレイしても違法性はありません。 もちろんこれらのオンラインCasinoは楽しいです。 しかし、楽しいのは「負けてもいいお金でプレイするからこそ」です。 私が想像したティエリーのように、ハマり過ぎないように気を付けてください。